ふりむくわけにはいかないぜ

打ちぬけよド真ん中。KAT-TUNと仁くんと亮ちゃん。最近KinKi。

銀河一かっこいいグループKAT-TUNに拍手〜〜〜!!!!!!

f:id:ch0n-0110:20180508092107p:image

中丸くんが

 

「今日のことを日記に書くんだ!」

 

と仰っていたので、既に2週間経ってしまいましたが書きます。

 

KAT-TUN LIVE 2018 UNIONに行ってきましたーーーー!!!!

 

わーーーーーーい!!!!!2年ぶりのKAT-TUNだーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

あー楽しかった!!!KAT-TUNのコンサート楽しかった!!!

 

↑ちなみにこれも中丸くんがTwitterに書け!って言っていたことです。

 


ちゃんとTwitterにも書いたよ!偉いでしょ中丸くん!!!(ドヤ)

 

2016年5月1日に東京ドームで公演をしてから充電期間に入ったKAT-TUN(充電期間って呼び方ウケるよね、今更ながら)

 

そんな彼らが再び東京ドームに帰ってきたという事実を改めて噛み締めているよ。

 

ありがたいことに3日間全部行けて、KAT-TUN担でいつも一緒に行く子みたいな人がいないから(自分も離れてたし、友達もほとんどオタ卒していたため)1人で行こうかなとも思ったんだけど、今回は少しでもKAT-TUNに興味を持ってくれた子や、前KAT-TUNを好きで行きたいと思ってくれた子をできるだけ連れて行こうと思いまして。

 

結果的に

1日目はKPOP繋がりの友だち(もともと強めの中丸担)

2日目もKPOP繋がりの友だち(よくコンサートにも一緒に行くメンバー。KAT-TUNには6人時代に結構好きだったけどコンサートはジャニ含めて今回が初。田口推し)

3日目はKPOP兼ジャニ繋がりの友だち2人と(1人は海外旅行(遠征含む)にも一緒に行く子、もう1人はその子繋がりで仲良くなったジャニ友だち。2人ともKAT-TUNも通っていて、両方元亀梨担)

 

という布陣で行ってきました!

 

全員KAT-TUNのコンサートは初めてだったりすごく久しぶりの子だったから、

アルバムが出ていない今回のコンサートはどんな感じになるのか、何を事前に聴いてもらえばいいのか、ちゃんと楽しんでもらえるのか、などなど正直ちょっと不安だったけど、杞憂に終わったみたい。

 

楽しかったなーーーすっごく楽しかった!!!

まーーーーーた海賊船のセットなのもいいよね!何度やるんだってね!

しかも今回は場内アナウンスも「KAT-TUN LIVE UNIONにご乗船いただき」「航海中は避難誘導灯を消灯させていただきます」「出航まで今しばらくお待ちください」とか完全に船出仕様!wそここだわるとは!w

 

せっかくなんでセトリも残しておきましょうかね!

 

f:id:ch0n-0110:20180507214237j:image

f:id:ch0n-0110:20180507214248j:imagef:id:ch0n-0110:20180507214257j:image

 

 

 いや、なんなのこの神セトリ。

 

10Ks!の最後ユメユメで3色の扉からそれぞれの道へ別れて行った3人がまた同じ扉から出てきたのを見た時に、これは10Ks!の続きなんだ、だから海賊船なんだね、とまた同じ船に乗れている喜びを感じながらしみじみしてしまったよ。

 

まさか最初オタクの合唱で始まるとは思わなかったけどね!それでも初日は映像も相まってまんまと泣きそうになったわ!こんな演出してくるとは!

 

でもここでお涙頂戴にさせないのがKAT-TUNだよね。

ユメユメの最後に3人がセンステに集まって、腕を伸ばして今回のロゴにもなっている3本の矢に見立てたポーズをして、オタクがグッときているところに特効ガンガン使ったリアフェぶち込むというね。まったく余韻に浸らせてくれないw

結局そこからはずっとKAT-TUNのコンサートだったw変にしんみりしないKAT-TUNがわたしは大好きだよ!

 

リアフェはさー、#2として再録されるって聞いたときは正直どんなアレンジになるかビビってたんだけど、まさかラップ入れてくるとはねーーーーー!!!!!!

歓喜。全わたしが歓喜

 

 やっぱりリアフェにはラップが必要なんだよ。

オタクがそう思っていること、メンバーも感じたのかな。それともKATーTUNも必要だと思ったのかな。両方だったら嬉しいな。

聴けば聴くほど、韻の踏み方とかJOKERの詞を踏襲しているいるような感じがしていてさ。そこも嬉しかったんだ。わたしの心の中のJOKERも喜んでいるよ、ありがとう(誰)

 

からのSHE SAID...ね!!!

 まさかここでお久しぶりできるとはね?!??!元気だった?!??!???!

 

かつてOXY*1がやっていた煽りをロバ丸*2がやっているのに気付いた時は思わず真顔になったよね。

 

なんかさ、勝手に充電完了したらもうデビュー前の曲はやらないんだろうな、って思っていて、その最たる例がSIX SENSESだったんだけど、クラップ音が聞こえてきたとき耳を疑ったよね。でも頭が認識するより先に体が動いていたよね。染みついていたよね。

こんなに6を強調する曲、もうやるわけないと思ってたんだよ。

ジュニアの子たちは歌ってくれているレポを時々見かけて、嬉しいと思いながらもやっぱり羨ましくてさ。

 

それを「いや、俺らだって全然できますけど」くらいの感じでしれっとやってのけたKAT-TUN、超かっこよかったな!!! 

語弊を恐れず言うならば、取り返してくれた気がしてすっごく嬉しかったんだ。

 (ジュニアの子たちに歌ってほしくないんじゃないよ!これからも歌ってね!)

 

RUSH OF LIGHTとかもよく覚えてたよねw

大好きなんだ、この曲。

 

 

当時の呟き。これにつきます。

 

それにしても、これは6人の掛け合いがあるから成り立つと思われていたI LIKE ITだってしれっとやっちゃうしさ、オタクが勝手に今のKAT-TUNのに限界というか制限をつけることなんてまるで無意味なんだなって思い知ったよ。

何人時代の曲だって、間違いなく全部全部KAT-TUNの曲なんだから、これからもやりたい時に存分に好きな曲をやって欲しい。

KAT-TUNはいい曲が本当にたくさんあるから、披露しないのはもったいないよ。

 

 SMILEとかPolarisはリアルタイムでは聴いていない時の曲なんだけど、良い曲だよね。

離れていた時期のカップリングもちゃんと履修したいな。

 

そういえば、以前からかめは歌の途中に突然

 

(´∀')SAY!!!!!!!

 

と叫んでオタクに歌わせるという芸があったんだけど*3

 

充電終えたらSAYなしでマイクだけ向けてくるスタイルに変わってたwww

いよいよ投げっぱなしになったwww

 

しかもそれだけならまだしも、オタクに主旋律歌わせて本人たちハモリ出すからね?!

めっちゃ笑ったwww大役を任せすぎではwww

まぁでもベテランのオタクも多いから大抵の歌詞は歌えるし、どんと任せて欲しい。なんならJOKERパートだって歌えるからどんと任せて欲しい。

 

MCもみんな絶好調だったね!トンチキ!

 

1日目はまさかの天の声が出てきてタメ旅復活のお知らせ!わーーーーい!!!

初回の旅を会場にいるオタクで決めたんだけど(拍手の音で決めた)

 

A知床半島で巨大クマと対決

 

B台湾で猛毒生物祭り

 

だったのね。

 

B圧勝だったよね。

 

かめなんかAの拍手が少なめだった時点で

 

「お前らバカじゃねぇの?!??!」

って完全に好青年亀梨くんモードがOFFになってたし*4

 

たっちゃんも

 

「もしさー!これでさー!おれたち死んだらさー!選んだお前ら絶対後悔するぜ?!」(気持ちが先走り過ぎて語尾の"さー!"が連発)

ってすごくナチュラルにお前ら呼ばわりしたし*5もはやアイドルとファンの距離感じゃなかったよねw言いたい放題w

 

 KAT-TUNコンに慣れ過ぎてなんとも思ってなかったけど、確かにコンサートの本編中に煽りながら言うことはあっても、すごく自然に「お前ら」「こいつら」とかいう人たちあんまりいないよねwどんな扱い受けてるんだわたしたちw

 

いやーーーごめんね3人とも!!!

頑張ってきて欲しい!無事に楽しくね!!!

(ちゃっかりB選んだ人)

 

あとかめにはどこかでもばかにされたよねw

今回のグッズに「急速充電  KAT-TUNの湯」*6っていう大分ふざけた名前の入浴剤があったんだけど、なんで入浴剤かっていうと

 

「UNION(今回のコンサートタイトル)」

「湯にON」

だかららしい。ギャグかよw

 

そこまでの連想してなかったからMCで聞いた時に感心してたんだけど、かめから

 

KAT-TUNのファンって、こういうのちゃんと説明しないと理解してくれなかったりするよね。バカなの?」*7

 

ってすごくナチュラルにバカ扱いされたwww

間違ってもかめには言われたくないwwww

 

そうかと思えば中丸は相変わらずファンのことを「お客さん」呼ばわりするし、アンコールのトロッコでは大声で「さようなら〜〜!!!」っていきなり別れを告げ出すし、

 

たっちゃんはMCで「そういえば関係ない話なんだけどさー!」珍しくカットインしてきたからどうしたのかと思えば

「今朝犬のウンコ踏んじゃった!」

って本当に関係ない話を嬉しそうにしてくるし*8

 

 KAT-TUNって本当にカオスだよね。

 

でもね、

 

いつもはしっかりしてるのにKAT-TUNにいると暴走して、いきなり

(´∀')かめ叩きゲーム!

とか謎の遊びを始めたり、

 

最終日のダブルアンコール後に全然帰らないでコールを続けるオタクに、モニター越しに超かっこいい表情で

 

「....で?何?ヤリたいの?」

 

って言ってのけちゃうかめが、

セックスシンボルでありながら、生意気だけどKAT-TUNの末っ子感を出してくるかわいいかめが、

 

普段から発する言葉を選んで、あんまりハメを外さないのに、初日にものすごい大きい声で

 

「今日をもちまして、完全に充電期間を終了します!!!!」

 

って宣言したり、最終日には勢い余ってヘッドスピンみたいなものをやり出したり、最後捌ける時に「 KAT-TUNは永遠なんですから」なんて言ってくれちゃったり、充電が終わったことの喜びを全身で表現する中丸が、

 

あんなに頑張ってビジネスヤンキーしてるのにMCでは KAT-TUNの写真をお家に飾っている宣言をしたり、トロッコでは優しい顔して手を振ったり、最終日の挨拶で

 

「俺ね、2人のこと好きなんですよ」

 

なんて言い出して心の綺麗さが滲み出て顔面の綺麗さと相まってとうとう聖母になりつつあるたっちゃんが、

 

人数は減ったはずなのに、充電期間を経て1人1人の存在感がさらに増しちゃって東京ドームを全く広く感じさせない強い KAT-TUNが、

いろんなファンがいることをちゃんと知ってて、過去ごと抱き寄せて一緒に未来へ進んでくれる優しい KAT-TUNが、

 

わたしは大好きでたまらないんです。

 

最終日のトリプルアンコール、何やるのかな、もっかいリアフェかなとか思ってたら、かめがシーッて会場を静かにさせて、そんな中大きく息を吸ってウィルビーを歌い出してさ。

本当よく分かってるよ、ファンのこと。

あの時のかめのいたずらっ子みたいな楽しそうな顔、わたし一生忘れないと思う。

 

本編の最後がSweet Birthdayだったのは意外だったけどすごくよかったな。

最後3人が花道を踊りながら進んでメインステに戻るんだけど、その景色がめっちゃきれいで。なんだかKAT-TUNが祝福されているような感じがしたんだ。まさにお花がたくさん敷き詰められた道を力強く幸せそうに進んでいるように見えたの。

 

いやーーー幸せいっぱいの3日間でした。

幸せな気持ちのまま書き殴ってたらこの時点で既に5,000字超えてる。書きすぎだろ。

 

この気持ちのまま今年は乗り越えられそうだわーとか思ってたら

 

夏にツアー決定しちゃうとかさー!!!!!

 

しかもアリーナツアーだって。

楽しみだなーーー!

次があるって幸せなことですね!!!

 

改めて本当にお疲れ様でした!

そしておかえり!!!!

夏はアリーナで戦おうね!!!!!!

*1:赤西田中コンビの呼び名

*2:現存している唯一のシンメ上田中丸コンビの呼び名

*3:キリのいいところじゃなくて本当に突然くるから常に身構えてないといけない。油断も隙もない

*4:すぐさま中丸に「バカって言わない亀梨くん!」って怒られてたw爺孫...

*5:これも中丸に怒られてたwロバ丸...

*6:中丸発案。メンバーカラーの3色が入っててかわいい

*7:このあと言葉遣いに反省したのか「おバカちゃん♡」って言い直してた。そういう問題ではない

*8:買っているワンちゃんがトイレを失敗した様子。その時素足。その後にカレーパン食べたらしい。なんなのこの情報w