ふりむくわけにはいかないぜ

打ちぬけよド真ん中。KAT-TUNと仁くんと亮ちゃん。最近KinKi。

もうあの頃の曲だって聴けるんだ〜赤西仁コンサートin代々木感想〜

未来の自分に

 

"お前今書かないと一生後悔するからな?!??!"

 

って言われた気がしたので忘れないうちに書きます。

 

みなさま、GWいかがお過ごしでしたでしょうか。

わたしは5/5.6とこちらに行っていました。

 

 

f:id:ch0n-0110:20170507115921j:image

 

f:id:ch0n-0110:20170507122117j:image

 

JIN AKANISHI LIVE 2017 in YOYOGI

 

YOYOGI!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

赤西仁、独立後最大規模でのコンサートです。

 

今回のタイトルは"Résumé"

日本語で"履歴書"という意味です。

 

その名の通り、赤西仁がこれまで歩んで来た道の隣にあった曲が目白押しでした。

 

わたしにとって2010年から2012年は鬼門の時期で。

その時に出したA PageもYellow GoldもSun Burns Downは聴けなくて、なんなら代表曲みたいな感じになってるEternalすら聴くのを避けていました。
怖くて悲しくて辛くて、せめて嫌いにならないよう、結果的に手を離してしまった時期を思い出してしまうから。

 

でも今回、今の赤西仁がRésumé(履歴書)として歌ってくれたことで自分の中で昇華されたというか、あ、これ聴けるなって、すっきりして。
自分が勝手に作っていたわだかまりが、ようやくとけた気がして。

 

 あれだけ避けていた"JAPONICANA"*1が今ではiPhoneに入っているんだから不思議なものだね。 

 

なんかしんみりした感じになっちゃったけど、演出も超かっこよかったんだよ!!!!!

 

 

まずさ、1曲目にEternal持ってくるところがずるすぎるじゃん。

  

暗転したステージにすっとタキシード姿の仁くんが出てきて、ピンスポ1本で特別な演出なしに歌い上げる姿がとにかくかっこよくて。

 

去年の幕張でのスペシャルステージでは久しぶりに花道、センステ、アンコールでトロッコがあったけど、 今回はなんと!バクステまでありました!トロッコも普通の曲で使われたよ!

 

 センステに関してはちょっと意味が分からなかった...なかなかの傾斜がある中仁くんがライトに照らされて歌ってた....

 

全く語彙力が追いつかないので、気になった方は

''赤西 センステ"

とかで調べてみてください(丸投げ)

とりあえず

 

この人2日間のためにこんな装置作ったの...?

 

って唖然としてます。

 

バクステでのパフォーマンスもめっちゃかっこよかった!!!!!

まさかバンド引き連れてくるとは....!!!!

 

そしてまさかcare歌うとは!!!!!!!!

 

2日目の席はアリーナD3で、メインステからは距離あったけどセンステと、特にバクステには
近いド真ん中の席でして。

 

f:id:ch0n-0110:20170509083004j:image

 

careに限ってこんな近い距離で見れたんだよ...。(下の見切れてるくらいのがバクステ)

 

2005年のLookingコン(通称 王様魂)で初めて聴いた時のことを思い出してしまったよ。

 このコンサートはDVDされていないから(恨)正直記憶があやふやなんだけど、それでも1つ覚えていることがあって。

 

"360度ステージで裏側の席だったのに、仁くんがcareを最初こっち側を向いて歌ってくれた"

 

こうやって書くと全くもって大したことじゃないんだけど、当時の自分にとってはすごく大事な思い出で。

少しでも近くで仁くんを見れた気がして、とにかく嬉しかったんでしょうね。 

当時の雑誌切り抜きノート(懐)見たら、12年前のわたしがそれはそれは嬉しそうにその時のことを綴っていたよ。

 

あの時の自分が書き残してくれたからこうやって嬉しかった記憶が残ってるんだなと思い、2017年の自分も未来のわたしが思い出に浸れるように綴っておこうという次第です。

 

まさかここに来てcareを生で聴ける日が来ると思わなかったな。

しかもCDに入ってる音程じゃなくて、昔のままで歌ってくれてさ。

仁くんの履歴書にはちゃんとKAT-TUNでの思い出も入ってるんだってことが伝わってきてすごく嬉しかったな。

 

 A Pageについて本人から聞く日が来るとも思わなかった。

 

"1番おかしかった時期"って笑ってたけど、どういう気持ちで言ってたんだろうね。

 

おかしくなったのは''自分"がなのか"まわりの流れ"なのかは分からないけど、こうやって振り返れるところまで来たんだなって、いろんなことがあったけどこうしてステージに立ち続けてくれて本当に良かったと思いながら話を聞いてました。

 

3ヶ月かけて作った渾身の香水が不評なことにキレて終盤めっちゃ笑顔で会場中に吹きかけてる姿がかわいくてさ。

おかげで甘い匂いが充満したけど、匂いと記憶は直結してるからね。

この匂いを嗅げば、あの日のことを思い出せるね。

 

そんな不評な香水ですが、ブーイングの嵐だったのに

 

会場では売り切れ

 

通販でも秒で売り切れ

 

どうか追加販売してください(切実)

 

 最初の挨拶で

"独立した時にここ(代々木体育館)を押さえ、無事にコンサートをすることができました。全ては計画通りです。信じるも信じないもあなた次第です"

 

ってにやりとしながら言っていて、

 

いやいやw何を言っているwww

 

って思ったけど、段々

(でも、もしかしたら、本当に前々から押さえていたのかも...?)

思い始めて。

 

一見ありえないようなことを実現しかねないのが赤西仁だし、信じてみたくなるような人なんです、赤西仁って。

 

1日目の公演後、次の日のチケットが売られているブースに長い列が作られていたの、わたし見たよ。

1回仁くんのステージ観ちゃうと、もう1回観たくなっちゃうよね、分かるよ。

 

今回の公演は最初から最後の演出まで完璧だったけど、これからも想像つかないようなかっこいいステージを作ってくれるんだろうな。

 

数年後はどんな場所で公演をしてるんだろうね。楽しみにしてるね。

 

2日間お疲れ様!!!

遅れを取らないようにするから、どんどん突っ走っていってください!!!!!

 

 

*1:仁くんがKAT-TUN脱退した後に出したアルバム。曲はかっこいいの多いので、ぜひ一度聴いてみてほしいです!